AGA治療について詳しく細やかに紹介

>

AGAクリニックと育毛サロンの違い

AGA治療で処方してほしい薬

AGA治療で大切の薬の処方と服薬。
この薬ですが、皮膚科では処方していないところもあるそうです。
ですが、一応病院ですから薬という薬は処方してくれます。
では、どんな薬を処方してくれるのか。
それは進行を遅くする薬です。
発毛を促す薬ではありません。

発毛を促したいのならばミノキシジルという薬を処方してもらえるAGA専門医院を探した方がよさそうです。
フィナステリドという薬も併用するとさらに効果があるそうです。
最近は短期間でボリュームも増えると名高い育毛メソセラピー。
ですが、こちらも1回きりというわけにはいかず、数回通わなくてはなりません。
アレルギーなどで逃避が貼れる可能性もありますし、育毛メソセラピー自体が医療行為ですから医師との相談が必要不可欠ですね。

育毛サロンとAGAクリニックの違い

AGAクリニックと間違われやすい育毛サロン。
育毛サロンではカウンセリング、マッサージ、植毛、育毛などをしてくれるそうです。
ですが、AGAの治療に処方される薬は出してはくれません。
施術もどちらかというと人工植毛がメインのところが多いようです。

発毛、育毛と自分の毛髪について治療するならば医薬品を出してくれるAGAクリニックの方がよいのです。
また、AGAクリニックでは血液検査も行ってくれます。
血中の栄養状態などを医師が判断し、その人にあった薬を処方してくれるのです。
つまり発毛させたいならばAGAクリニックに行くべきなのです。
医療行為ですからと確たる結果が出るわけではありませんが、ただカウンセリングをしてマッサージされるよりいいですよね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る